力仕事で無理は禁物!日頃の疲れも一緒になってぎっくり腰になってしまった

健康なだけが私の取り柄で、仕事でも女なのに力仕事を買って出るほど、身体には誰にも負けないと自信がありました。

そんなとき、勤務していた職場の事務所をリフォームするために、荷物の大移動を手伝える人材を募っていたのです。

書類作業に追われているなか、身体を動かすことが出来る仕事は願ってもないチャンスと思い、片付けを手伝うことになったのです。

しかし、片付けに参戦したのはいかにも力に自信がありそうな男性社員二名と私だけ。

この分なら私は軽いもの担当かなと思っていたのですが、その考えは甘く、机やソファー、更には棚などを運ぶはめになったのです。

さすがにかわいそうに思ったのか、男性社員さんが休んでいていいと声をかけてくれたのですが、ここで休んだら負けだとなぜがムキになって、休まず片付けを終了させたのです。

片付けが済んで一息ついたとき、全身がいつもより思いなと感じたのですが、動いたせいだとあまり深くは考えませんでした。

その日の夜は身体をリラックスさせるために湯船でじっくりと身体を暖めて就寝したのです。

無理をした結果は翌日に現れた!布団から起き上がれないほどの腰痛に

目覚まし時計の音で起こされて、目覚ましを止めようと手を伸ばしたとき、これまでに感じたことがない鈍痛を腰に感じたのです。

これまでも無理をしたときは腰痛が発症したことはありますが、明らかにこれまでとは違う痛みでようやく目覚ましを止めることが出来たほどです。

誰かが金属でグッと押し付けているというような痛みを感じ、起き上がることが出来ず、仕事に行かなくてはならないのに立ち上がることも、座ることもできず、どうすることも出来ないと思い、携帯電話を使って母親に電話をしました。

母親は怪訝な声で出て「早く起きてきなさい」と一喝。

それもそのはず、私は実家に住んでいて、母親は同じ家にいたのですから。

事情を話すとすぐに部屋に来てくれてこれじゃ仕事は無理だねと再び怒られて、仕方なく仕事を休むことになり、母に連れられて病院に行きました。

診断はギックリ腰で、日頃の疲れが一気に腰痛として現れたのだと言われたのです。

また、昨日の身体の重みも話すと、そのときにはすでに腰痛に襲われており、お風呂で暖めたことで腰痛が悪化したと先生から言われました。

おかげで三日間仕事へは行けず、ようやく仕事に復帰したかと思えば、みんなこれまでとは違って重いものは持たせなかったり、力仕事を変わってくれるようになったのです。

なんとなく物足りないのですが、こんな風に大切に女の子扱いみたいにしてもらえるなら、腰痛も悪くないかなと思いましたが、あの痛みはもう二度と味わいたくないのが正直なところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です