30代から始まった腰痛!治らないと諦めて自分なりの対処方を探した

私は現在61歳です。腰痛が始まったのは、30歳ぐらいのときからでしょうか。

当時、寒い風の中でラジオ体操を無理にしていて、上体をそらす運動を元気よくやったときに、ぴきっと腰に痛みが走りました。

それが最初だったように思います。

それかられこれ30年ぐらい、良くなったり悪くなったりを繰り返しながら、腰痛とつきあっていることになります。

良いときには本当になんでもないのですが、悪いときには当然痛みがあって、重い物を持ち上げることができなくなる。

もっと悪いときには、痛くて痛くて呼吸をするのも苦しい、ということもあります。

このあたりは、腰痛持ちの人ならわかっていただける話ではないでしょうか。

原因のない腰痛は自分で付き合い方を見つけていくしかない

さて、腰痛で初めて整形外科の診察をうけたのは、35歳くらいのときだったかと思います。

もうその時点で、「慢性的な腰痛ですね」と言われました。

レントゲンを撮っても、骨にさしたる異常はなく、根本的な治療はできない。対症療法で痛みをおさえるしかない。

とまあ、ほとんどの腰痛持ちの人が言われるような診断でした。

で、湿布薬をもらって、腰が痛いときにそれを貼る。それだけ。

最近は、それに低周波治療というんですか、腰に電気を流す治療法もやっています。

電気治療で痛みがやわらぐのは一時的なものでしかない、といって軽蔑する人もいます。

ですが、私の場合、本当に腰が痛くて、歩くのもよたよたとなるぐらいのときがあり、そんな時は一時的にしろなんにしろ、痛みがやわらぐのはありがたいです。

もっと痛みがひどくなると、ブロック注射ということになるのでしょうが、私はしたことがありません。

さて、お医者さんに頼るばかりでなく、自分でも腰痛のためにそれなりに気を使っています。

私の仕事は肉体労働に近く、結構重い物を持つことがあります。

ただし、自分で重量をある程度は加減できる立場にいるので、重量を13キロ以内におさえるようにしています。

13キロと半端なのは、経験上からくる数値です。13キロ以内であれば(あくまで私の場合ですよ)まあ腰にそんなに負担はかからない、ということです。

では、どうしてもそれ以上の重量を持たなければならないときは、どうするのか?

まず15キロまでなら、ごくごく短い距離ならOKとしています。具体的には2メートルまで。それこそ息をつめて、一気に運びます。

それ以上の距離になったら、台車などの道具に乗せて運びます。たとえば4メートル先まで、ほんの目に見える場所までであろうと、いったん物を台車に乗せて運ぶのです。

多少面倒ですが、自分の体をいたわってやらないと、結局痛いめを見るのは自分なのです。

こうして、腰痛と気長につきあって、なんとかやっています。

子育てと介護の両立の最中にぎっくり腰になってしまった

私は13歳年上の主人と結婚したので、お姑さんも50歳も年上でした。

上の娘が1歳の時に、お姑さんが玄関の前で転んで大腿骨を折ってしまい、そのまま寝たきりになってしまいました。

それからは、子育てと介護を同時にやらなければならなくなりました。本当はもう一人子供が欲しかったのですが、無理だと思っていました。

でも何とか無理してもう一人娘ができました。お産で入院中は、主人に家の事や上の娘の事を頼みました。少し渋々だったのが辛かったです。

私の実家の母も、娘だけならいいけど、お姑さんまでは無理だと断りました。

主人のお姉さんは、やはり断りました。そして、私の母の事を、それでも親か、と言いました。

そんなこんなで、何とか無事に子供を産んで、退院しました。

主人は家事を何でもやる人なんですが、さすがにお姑さんのポータブル式のトイレの中の汚物を捨てるのはできなかったので、私が退院してから、捨てた時は、容器の中が溢れそうになっていましたそれからは、3歳の娘と赤ん坊とお姑さんの世話で大変でした。

お姑さんのウンチの後片付けをする時に、仕方なく二人にしたら、上の娘が赤ん坊をベッドから出して、椅子の上に置いてしまって、赤ん坊はがそこからずり落ちて、うつぶせになって泣いていました。

一番辛かった思い出です。

ストレスで太っていた私は、ある日赤ん坊のおむつを代えようと、赤ん坊を持ち上げようとした時に、ギックリ腰をやってしまいました。5分くらい動けなかったです。

その日は雪でした。運悪くそのすぐ後で、お姑さんが、血圧の薬がないから、病院にもらいに行って来てと頼まれました。私は、腰を痛めたから、明日でいい?と聞きました。

お姑さんは、普段は優しい人なんですが、血圧の薬を飲まないのは心配だから、明日でいいとは言ってくれなかったです。

それで、仕方なく上の娘をベビーカーに乗せて、赤ん坊をおぶって、雪の中を電車で病院に行きました。

ベビーカーにはビニールのカバーをかけました。

当時は駅にエレベーターもなかったので、階段を上がる時は、赤ん坊をおぶいひもでおぶり、片手にベビーカー、片手に上の娘を抱っこして上がりました。

そして苦労して薬をもらって帰って来たら、お姑さんが、悪かったね。と言って、1000円くれました。私は、あれだけの労力は1000円ぐらいじゃないと思いましたが、お金がないので、もらいました。

お金に困っていると、悔しくてももらうしかないから、辛いと思いました。

その後ギックリ腰は、若かったから1週間くらいでだいたい治りました。

24歳くらいだったので、あんな事ができたんだと思います。

学生時代の怪我が原因!完治せず繰り返している腰痛との戦い

腰痛は辛い!けど治る頃には医者に行く気がなくなってしまう悪循環を反省

実は私、腰痛に悩まされています(´;ω;`)

学生の頃にスポーツをしていてそれで痛めてしまったのがきっかけなのですが、そのスポーツを引退して社会人になった今も腰痛に苦しめられています。

と言ってもギックリ腰のように急に激しい痛みに襲われたり、病院に担ぎ込まれてしまうほどの大変なものではないんですが、それでもずっと付き合っていかなければいけないのかと思うと困ってしまいます。

私の腰痛というのがとても厄介でずーっと痛いわけでもないし、痛みで全く動けなくなってしまう訳でもないんです。

ある程度我慢できてしまう程度なので真剣に治すほどでもないかと思ってしまうんですよね。

大体痛みが出るのは長距離歩いた時、長時間座っていた時なんかです。ハイヒールでたくさん歩くと大体足ではなくて何故か腰にきます。

それも刺すような激しい痛みではなくてなんだか腰の辺りがじんわりと痛いなという程度で湿布を貼るとかなり治まるんですよね。

重いものを運ぼうとしたり長いこと座っていて急に立ち上がろうと動いたりすると強く痛むこともありますが、本当に我慢できないほどではないんです。

市販の湿布をたくさん消費してしまいますが……。

原因もある程度予想がついているので対策もしやすいんですよね。

もし腰痛が起きてしまっても一週間ぐらい気をつけていれば治ることがほとんどです。

そんなことが大体年に2回ぐらい起きるんです。

治る度にもう腰痛にはならないだろうと思うんですが忘れた頃にまた痛くなる……の繰り返しです。

腰痛が起きる度に病院に行こうとは思うんですが大体行けるようになった時には治ってしまってるんです。

そんなこんなでちゃんと治療しないまま何年も過ごしてしまっています。

ずっとこんな状況が続くのも辛いので次に腰痛が起きた時にはきちんと病院に行こうと思っています。

腰痛にも色々ありますが放っておくと悪化してしまうことも考えられますし大きな病気のサインかもしれませんから私のように放っておかずにきちんと病院に行かれることをおすすめします。

なかなか自然治癒するものでもありませんしね。

私の場合悪化することがないのでまあなんとなくそのままにしてしまいがちなんですよね。

これ!といった原因が分かれば良いのですけれど腰痛の場合には特に原因が分からなかったりもしますよね。

私も普段は普通に過ごしているのでたまに腰痛が起きるとこんなに辛いものか!の思うんですが治ると忘れてしまうんですよね。

とにかく早めに治療することを胸に刻んでおこうと思います。

比較検討が難しい?意外と制限がある店頭でのマットレス選び

自分にあったマットレスを探し求めて、日々情報収集中!

私が寝具としてのマットレスに求めるもの、それは特別難しい事では無く、簡単に言えば首筋と腰に大きな負担を掛けないで寝られる、という事に尽きます。

かつてあまりに硬くて身体のラインに合わず、それでも無理矢理使用し続けた結果酷く首筋や腰を痛めてしまった最悪なマットレスがあったからです。

もちろん単純な値段の安さだけを見て通販経由で購入してしまった私自身のミスもあるのですが、マットレス程に実物をチェックして購入しなければならないアイテムは無い、と痛感したのも初めての事でした。

元々猫背気味でそれをかなり無理して矯正し、それゆえ背中のカーブが一般の人よりもかなりきつくなってしまった私ですから、背中のカーブに合ったマットレス、もっと正確に言えば、特にカーブの頂点となり負担が掛かり易い肩口から首筋にかけてと腰周辺を優しく包み込んでくれるタイプのマットレスを選ぶべきだったのです。

店舗に何度も出掛ける足労は増えたものの、その後はちゃんと寝具店やホームセンターに出掛けて実際に素材の軟らかさや反発力をチェックし選ぶ事に。

現在に至るまでそのマットレスを大事に使ってきたものの、そろそろ素材自体の持つ反発力も劣化のせいか次第に衰えを感じる様になり、次第に買い替えも視野に入れる様になってきました。

始めのうちは前述の理由から全く視野に入れていなかった通販サイトも、絶対的な値段の安さ、そして店頭でチェックさえ出来れば同じ製品を通販でより安く購入出来るという手段もあるという事から、いざという時の購入法として選択肢に残しておく事になりました。

店頭で素材や反発力をチェック出来るといっても、実際に商品の上に寝転がって寝心地やフィット感まで確かめられる店舗はさすがに少なく、大まかな手触りや隅への座り心地といった限定的な情報しか判断材料とする事が出来ません。

ですから既に慣れ親しんでいるマットレスの触感を手肌に叩き込み、それを参照に比較検討を行ってゆくより他無いというのは結構難しい問題です。

それでもじっくりと数軒の店舗を巡った結果、2,3の有力な候補にまで絞り込む事が出来ました。

判断を難しくさせているのがそれらの値段。

いずれも店頭価格にそれ程の差が存在せず、しかもチェックした感触が極めて似通っている為、中々最終的な判断が下せないでいるのです。

ですがまだ若干の時間的猶予はあり、いずれの品もある程度の在庫数がある事を確認していますので、焦らずに悔いの無いチョイスをしたいと思っています。

ニトリで買えるおすすめマットレスをご紹介!それぞれのマットレスの特徴

ニトリのオススメマットレスを紹介していきます。

「お、値段以上」の価値をという事で、ニトリはコストパフォーマンスがかなり良いものが多いです。

またマットレスみたいな大きなものを購入するとき7000円以上お買い物すると送料が無料というところもポイント高いです。

まず、理想の眠りをサポートしてくれるnスリープラグジュアリーL2です。

nスリープシリーズは5種類あるのですが、そのなかでもダントツで良いです。

トッパーが裏(高反発)と表(低反発)で違う作りになっているので、気分や季節によって変えられ2つ寝心地が楽しめます。

マットが外せるのでお手入れが楽チンなところもいいですね!

次に、アネロッソpwです。こちらは、端をウレタンで強化していて有効スペースが広くとれます。つまり、端っこにいってもヘコみづらい落ちづらいんです。

スプリングの周囲をハードウレタンで端の落ち込みを防止してくれて、端に腰掛けてもヘタリにくく、ご年配の方のベッドからの立ち上がりも負担をかけずにできるんです!

また、並べて使う際に段差が出来にくい特長もあり、隙間の違和感が少ない寝心地は2台並べても使い心地バツグンです。

次は、エアフォームです。

体をふんわり包み込んで、まるで雲の上で寝ているようなフワフワ感。極上の寝心地な柔らかめマットレスです。

横向き寝にもおすすすめな低反発になってます。

もちろん、抗菌防臭加工されてます。

次は、レンバットです。

こちらは、体圧を分散し体にぴったりフィットするタイプ。

理想的な寝心地をキープしてくれます。

低反発で、少し硬めのマットレスで腰が痛い人にオススメです。最近はこのタイプの体圧を分散するマットレスは多いですが、レンバットっとのいいところは値段がリーズナブルというところです。

シングル19900円で買えちゃいます。セミダブルでも24900円です。

最後は、ヒィルザ2です。保湿性の高い羊毛ファイバーを使用しています。

羊毛を使っているって聞くと高級感があっていいですよねー!

寝返りが打ちやすい高反発ウレタンで、寝心地バツグンです!

しっかりとした硬さのマットレスなので好みは分かれるかもしれません。

今回は、5つのニトリのオススメマットレスを紹介しました。

睡眠は大事です。質の良い睡眠を少しずつ習慣化させることが大切だと思います。

夜にしっかりと質の良い睡眠を取り、朝起きたら質の良い仕事や生活をする。これだけでも人生が変わるかもしれません。

ぜひとも今夜から良いマットレスで試してみてくださいね。